長崎ぶらぶら・・・観光客が行かない長崎

長崎市内にあるお寺や神社さらには公園と市場・・・メインは「長崎四国八十八ヶ所霊場」の紹介です

閉鎖した市場

無くなった市場・・・油屋町市場

長崎市油屋町1-19

思案橋電停から正覚寺電停に向かう途中に「金光市場」と並んでありましたが2013年3月末で閉鎖されました

油屋町01

この先は閉鎖直前の市場内の様子です

油屋町02-4

油屋町03

油屋町03-1

油屋町03-2
この「肉の森屋」は現在富貴楼の並びに移転して営業を続けています

油屋町03-3

油屋町03-4

油屋町03-5

油屋町03-8

油屋町01-2


無くなった市場・・・青空市場

長崎市諏訪町9

戦後中島川沿いにあった露天市から始まったそうですから60年以上の歴史を持つ諏訪町の「青空市場」がひっそりとその歴史に幕を下ろしました・・・唯一記事にした西日本新聞から引用させていただきます

60年以上市民の台所として親しまれた長崎市諏訪町の青空市場が31日、閉鎖された。最盛期は青果や生花の数十店舗がひしめきあった市場も、売り上げ低迷や店主の高齢化などで12店舗にまで減っていた。「寂しいが時代の流れ」。店主らは最終日まで閉店、移転作業に汗を流した。

 市中心部の中島川にかかる眼鏡橋からすぐ近く、中通り商店街の脇にある青空市場。1950年に川沿いの露天市からスタートし、さるくコースにも入るなど「町の名所」でもあった。

 当初は文字通り青空だったが、55年ごろに3階建て家屋ほどの高い屋根を設け、その下に小さな商店が並んだ。市場内の長崎青果食品協同組合には最盛期、店や生産者など約900人が加盟し、地産地消を支えた。

 だが、大型スーパーのほか、近年は中心商店街にも生鮮食品店が増え、客足は激減した。組合も31日で解散、施設は1日にも解体が始まり、跡地にはマンションが建つ予定だ。12店舗のうち6店舗は別の場所に移転するが、6店舗はこれを機に店じまいする。   西日本新聞より

青空市場
これは2008年9月の画像です

青空市場03-7

青空市場03-4

青空市場03-3

青空市場03-2

青空市場02-5

青空市場02-3

青空市場00

青空市場01

楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ