長崎ぶらぶら・・・観光客が行かない長崎

長崎市内にあるお寺や神社さらには公園と市場・・・メインは「長崎四国八十八ヶ所霊場」の紹介です

長崎の文化財

第16番・長崎山 清水寺

長崎市鍛冶屋町8-43

ビール電車に乗ったら参加されていた方から「最近更新していませんね」と指摘されました^^;

「清水寺」というとほとんどの人が京都の「清水の舞台から飛び降りる」清水寺を思い浮かべるでしょうが、長崎市民にとってはここ「清水さん」を指します

清水寺2013・01
石門をはじめ石だらけの外観です

清水寺2013・01-2
ここは大師堂・・・宝暦10年(1760)に建立された大師堂は、木造瓦葺・単層入母屋造・三十三坪の畳敷きの建物だとか

清水寺2013・01-3
そしてこれが5年をかけて大改装された後に国の重要文化財に指定された本堂です
お寺のHPによると
「建物全体を解体し行われた修理では、調査検証も実施され長崎清水寺の本堂が非常に特徴のある建物であることが確認されました。中でも、周囲を開放する本堂の形や、仏堂を彩る絵様のモダンなデザインなど、伝統的な日本様式に最先端の中国様式の多くが織り交ぜられていることは他の仏堂には見られないもの
」だそうです

清水寺05-2
この鐘楼にある梵鐘は長崎最古だそうで長崎市指定文化財になっています

清水寺2013・04
石段を下ったところにあるのは

清水寺2013・04-2
有名な「奇縁氷人石」・・・江戸時代には迷子探しや男女の縁結びに役立てたとされています

清水寺2013・04-3
その奥にある「聖天堂」ですがご本尊は夫婦和合の神として名高い「歓喜天」だそうです・・・残念ながら秘仏なので一般に公開はされていません

清水寺2013・04-5
でも奉納されている大根は何でしょう?

清水寺2013・04-6
これはその聖天宮の片隅に鎮座している「びんつる(賓頭盧)さん」です

清水寺04
建物の一番下にいつもの案内板はあるのですが「八十八ヵ所霊場」の看板が無いなと思っていると

清水寺2013・03-4
何とお札などを販売しているところの奥に置かれていました・・・あらためてここが「長崎四国八十八ヵ所霊場第16番札所」の「長崎山 清水寺」です

清水寺2013・03-3
そのすぐ近くにあった「百八観音霊場」とは今まであまり聞いたことがありませんね

清水寺2013・03-2
何でも今年の4月に従来あった「中国観音霊場、四国三十三観音霊場、九州西国霊場」の3霊場が手を結び「日本で最初の百八観音霊場」になったそうですね

清水寺の記事は次にも続きます^^;

第49番・海雲山 皓台寺

長崎市寺町1-1

以前書いた記事から写真は消えるし「続きを見る」まで表示されるようになったので書き直すために再度行ってきました

鍛冶屋町から寺町に入ると最初にあるお寺です

皓台寺0
ここが「晧台寺(正式名称は海雲山普昭晧台禅寺)」ですちょうど「紫陽花まつり」の時期だったので境内にはアジサイが飾られていました

皓台寺01
県指定有形文化財である「山門(総門)」から入ると

皓台寺01-2
正面にあるのが本堂みたいに見えますがあれは「大仏殿」で本堂はここから左に行った場所にあります

皓台寺03
本堂の前の山門(仁王門)も長崎県内に現存する社寺の門としては最古とされ県指定有形文化財になっています

皓台寺03-2

皓台寺03-3
左右には仁王様が配置してありますがこんなに表に顔を出しているのは珍しいですね(^^)

皓台寺03-4
これが「海雲山 皓台寺」の本堂です・・・ちなみに左手には「皓台寺幼稚園」があるので本堂前は園児の遊び場になっています

皓台寺03-5
この鐘楼にある梵鐘は長崎市の「市指定有形文化財」になっています・・・・歴史があるだけあって晧台寺には文化財がたくさんあり裏山にも指定されている墓地がいくつもあります


皓台寺04
ここが大仏殿ですが2~3年前にも改修工事が行なわれていましたね

皓台寺04-2
その大仏殿の中には当然のことですが「大仏(昆慮舎那仏)」が鎮座しています・・・高さ3.4mで(多分)長崎唯一の大仏です

皓台寺05
隣の坂は「幣振り坂」ですね

皓台寺06
敷地内にあるお堂ですが

皓台寺06-2
ちょっと変わった仏像(?)が飾られています・・・観音様でしょうか赤ちゃんに母乳を与えています

皓台寺02

皓台寺02-2
その裏手にも古き仏像が安置されています

海雲山皓台寺03
ここも長崎四国八十八ヵ所霊場の49番札所です・・・さっきのお堂がかなり気になりますね^^;

楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ