長崎ぶらぶら・・・観光客が行かない長崎

長崎市内にあるお寺や神社さらには公園と市場・・・メインは「長崎四国八十八ヶ所霊場」の紹介です

浄土宗

第2番・正覚山中道院 大音寺

長崎市鍛冶屋町5-87

寺町から行くと鍛冶屋町のスクランブル交差点の手前にある路地を入ったところにあります

大音寺01
これが晧台寺、本蓮寺(筑後町)とともに長崎三大寺といわれる浄土宗の寺院「正覚山中道院大音寺」ですが多くの歴史的遺物は火災のために焼失したそうです

大音寺01-2

大音寺01-4
長崎四国八十八ヶ所第2番霊場となっています

大音寺01-3
慶長19年(1614年)伝誉が開創したお寺で寛永年間にこの場所に移設したそうですが以前あった場所は中央公園近くの「大音寺坂」あたりだったのでしょうね

大音寺03
階段の途中にある山門には

大音寺03-2

大音寺03-3
左右に仁王様・・・じゃないみたいです

大音寺03-8

大音寺03-7
裏側にもそれぞれ1体づつありますからこれは四天王なんですね

大音寺02
敷地内は多くを火事で失ったみたいですが石門は残っています

大音寺02-2
この石門の奥には

大音寺02-3
何と大きな亀が・・・

大音寺02-4
でも上に石塔を載せているということは竜王の子供である「贔屓(ひいき)」でしょうね→ウィキペディアによるとこれは「亀趺(きふ)」になるのかな?
ちなみに竜の子供は「竜王九子」といって9匹いるのですがその中でよく目にするのは「蒲牢(ほろう)」といって梵鐘を吊るす部分の竜頭になっています
なおこの「贔屓」の上に載っている「碑文」を全文を読解すると亀が動き出すという伝説があるそうです

大音寺05
本堂はやけに新しいですね

大音寺04-2
この石段を上がると歴代の住職の墓や市指定天然記念物の「イチョウの木」などがあるそうです

大音寺04-3

大音寺06
ここはフェデラー号事件で責任を取って切腹した「松平図書頭」の墓地ですが彼を祀った祖霊社というのが諏訪神社にあります

大音寺05-2
この建物にもちょっと興味が湧きますね

第88番・東雲山 浄安寺

長崎市寺町5-14

寺町通りを伊良林方面から行くと三宝寺と興福寺の間にあります

浄安寺01
先ず眼に入るのが入口の山門の上にある鐘楼・・・他ではあまり見かけませんね

浄安寺02
中に入るとすぐにある本堂・・・寛永元年(1624)唐津の僧・誓誉が草庵を結んで開蒼庵としていたが、後に一寺を建て浄安寺の寺号を得たそうです(「ナガジン」より)

浄安寺02-2
手前にある柱に施された白い龍の彫刻も独特ですね


浄安寺03
本堂の脇にある石段を上がると

浄安寺03-2
お堂がありますが

浄安寺03-3
ここが長崎四国八十八ヵ所霊場第88番札所になっています

浄安寺03-4

浄安寺03-5
敷地内には古い石仏が点在しています

浄安寺04
先ほどの山門を寺側から見ると鐘が良く見えますね

第39番・峰厳寺観音堂

長崎市飽の浦町10-30

飽の浦町の国道沿いに「昭徳寺駐車場」がありますがその横の坂を上がり聖徳寺の先にあります


峯巌寺01
ここが浄土宗の寺院「妙照山峯巖寺」です

峯巌寺02

峯巌寺03
以前は銭座町の聖徳寺の出先教会所として建てられたそうです

峯巌寺観音堂03
その「峯巖寺」の敷地内に観音堂があります

峯巌寺観音堂02
ここが第39番札所「峯巖寺観音堂」です

峯巌寺観音堂04
さすがにお寺が管理しているのか中はきれいになっていますね、御本尊は薬師如来だそうです。

第47番・萬年山 三宝寺

長崎市寺町5-22

寺町通りを鍛冶屋町から歩いてくると興福寺の先に第88番札所の「浄安寺」がありますがさらにその隣にあります。

三宝寺01
元長崎代官屋敷の表門を移築したといわれる「萬年山 三宝寺」のケヤキ造りの山門です

三宝寺04
元和九年(1623)浄土僧・転誉、長州萩から阿弥陀如来像を負って来崎、教化に努め、長崎奉行長谷川権六の助力で堂宇を建立した。」と歴史あるお寺のこれが本堂です・・・屋根の飾り瓦が特徴ありますね

三宝寺05
本堂以上に有名なのがこちらの閻魔堂で中に飾られている閻魔様は「三宝寺のコンコン婆さん」と呼ばれ風邪や喘息に効くのだそうです・・・赤い幟にも「咳封じ」と書かれています。

寺町・三宝寺02
ここは長崎四国八十八ヶ所霊場の第47番札所なんですが同時に「長崎西国三十三ヶ所霊場」の第20番札所でもあるのですね。

第68番・寿珖山白道院 本立軒

長崎市本河内3丁目5-20

国道34号線本河内の妙相寺道バス停付近から本河内底部水源地沿いの坂道を下ったところにあります

本立軒03-2
坂下の角地に建っているのが長崎四国八十八ヶ所霊場68番札所の「本立軒」です

本立軒03
元は延宝3年(1675年)に地蔵堂として創建された歴史あるお堂ですが明治20年にお堂の改修を機に大音寺の説教所となったそうです・・・そのため一覧では「大音寺別院本立軒」となっている場合もあります

本立軒02-2
ご本尊は阿弥陀如来です

本立軒02
敷地はさほど広くないのですがいろんな仏像が祀られています

第7番・日見山 養国寺

長崎市網場町451

潮見町を抜け茂木まで行く道を網場漁港の手前から裏道に入ってすぐのところにあります。

養国寺01-2
ここが第7番札所の「日見山 養国寺」浄土宗のお寺です

養国寺01-3
個人的なことですが私の子供たちが合わせて6年間通った「日見幼稚園」が敷地内にあるのですがこの入り口に貼っている「長崎四国八十八ヶ所霊場」のお馴染みの案内板には全く気づきませんでいた^^;

養国寺02
このお地蔵様もゆっくりと見たことはありません

養国寺02-2
石段を上がりお寺の境内に入ると幼稚園をやっているせいか知りませんが「子育地蔵」が際立っています

養国寺03
これが本堂・・・入園式や卒園式では何度も訪れました(^^)

養国寺04-2
この鐘も大晦日に搗いたことがあります

養国寺04
思いもかけずに由緒ある鐘だったのですね^^;
楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ