長崎市本河内2丁目1番(本河内郷有墓地内)

ずっと以前は「長崎四国八十八ヶ所霊場」の一覧の中に「番外」として大光寺・山口大師堂・田川宅などいくつかあったのですが私が廻った2年前にはこの「一ノ瀬無縁塔」しか無かったですね・・・現在はどうなんでしょ?

本河内06
国道34号線沿いの細い道を「聖母の騎士」方面に歩いていくとガードレールにいつもの案内板が見えます

一ノ瀬無縁塔01
そこの石段を上がり突き当りまで行くとやっと「一ノ瀬無縁塔」がありましたが、これはその中でもひと際大きい俗称「お亀の塔」と呼ばれているそうです

一ノ瀬無縁塔01-2
ここは長崎市の有形文化財に指定されているんですね・・・案内板によると「寛文2年(1662)に長崎で痘瘡(天然痘)が流行し2千人以上の犠牲者を出し特に幼児の死者が多かったので供養のためにこの塔を建立した」そうです
さらに続けて「なお、四面の上部にはめてあった銅像の内の地蔵菩薩像が昭和29年(1954)に盗難にあったので残る三面の釈迦如来・阿弥陀如来・観音菩薩の銅像は取りはずして長崎歴史文化博物館に保管されている」とありますが塔にある仏像は何だろうと思ったら・・・長崎市のHPに続きがあり「現在は代替像を安置している」そうです(^^)

一ノ瀬無縁塔02

一ノ瀬無縁塔02-2
敷地内には他にもいろんな碑が建っていますがかなり風化が進んでいます

2年前に途中まで書きかけて間違えてアップしていたのをやっと書き改めました