長崎ぶらぶら・・・観光客が行かない長崎

長崎市内にあるお寺や神社さらには公園と市場・・・メインは「長崎四国八十八ヶ所霊場」の紹介です

立神地区・桜谷神社の「立神くんち」

開催場所:櫻谷(桜谷)神社・・長崎市東立神町 
    お旅所:立神公園・・長崎市立神町17
開 催 日 :11月3日(固定)雨天の場合は不明

この「立神くんち」に行くまでは立神町というのが存在しないということを知りませんでした・・・あるのは西立神町と東立神町なんですね

立神くんちは桜谷(櫻谷)神社で行われるのですが「階段が多いのでいくのは大変ですよ」と地元の人に脅かされているのでいまだに参拝したことはありません^^;

立神くんち01
ここが「立神くんち」のお旅所である「立神公園」ですがまだ時間が早いので閑散としています・・・その時「ただいまお神輿はXXXを移動中です」というアナウンスが聞こえました。
場所が良くわからなかったので公園内にいた役員の人に聞いたら「小学校のほう」と道路を指差して教えてくれたのでそっちに向かうことにしました

立神くんち02
歩いたのは西立神町と東立神町の境界の道路かな?神社庁長崎支部の「櫻谷神社」の紹介にはいまだに「長崎市立神町189番地」となっているのはいつの話なんでしょうか?

立神くんち02-2
途中で見かけたのが旧・立神小学校の跡地・・・土地が少ない長崎市内のあちこちにある学校の跡地は有効活用できないのでしょうか(ここに長崎県庁を移転するとか^^;)

立神くんち03
坂をだらだらと上がり続けてやっとお神輿らしき姿が見えてきました


立神くんち03-4
庭先回りをしてここで休憩しているみたいですね・・・上がってきた坂の途中途中にはお神輿を待っている地元の人たちがいましたがまだ時間が掛かりそうです(^^)

>>>>>以上は2012年の記事ですが2010年にも行ったのです

立神くんち01
木鉢から長崎市内方面に向かうとすぐに立神がありますが町内の「お知らせ」掲示板に「立神くんち」の文字がありました。

立神くんち02
三菱造船所の向かいにある立神公園が「お旅所」になっているらしく奉納の踊りが行われている舞台上にお神輿が休んでいました(^^)

立神くんち03
本来は桜谷神社に行くつもりだったのですが地元の人に道を聞くと「石段を300段以上上がらなければいけないからきついよ」と言われ・・・普段なら平気なんですが今日はすでに346段の神崎神社のほか150段くらいの木鉢神社やその他いろんなところで石段を上がってきたので神社は次回に持ち越し^^;

立神くんち04
奉納は舞踊だけでなくいろいろ行われていましたがフト目に付いたのが先刻木鉢で目にした「龍踊り」の人々・・・話を聞けば「西泊中学校」の龍踊だそうであちこちから出演依頼を受けているとのことだそうです。

若草町の八幡神社で「城山くんち」

私が子供の頃は「城山町」だったのですが現在は若草町にある八幡神社でも毎年「くんち」が行なわれています

八幡神社01
ここが若草交番の隣にある八幡神社です

八幡神社01-2
ここでは毎年10月第2土日の二日間「城山くんち」こと「八幡神社大祭」が行われるのです

八幡神社02-2
約半世紀振りくらいに足を踏み入れましたが境内では地元の人たちによる歌や舞踊が奉納されていました

八幡神社03
せっかくなので本殿に参拝しました

八幡神社03-2
隣には稲荷社もあり小さな狐の置物が多数奉納されています

八幡神社05-1
車で城栄町商店街を通っていると町内を練り歩く神輿を発見!

八幡神社05-2
各商店を回って「花」を貰っているんですね、やはり立派な「くんち」です

福田地区大浜町・大浜稲荷神社の「大浜くんち」

長崎市に住んでいる人でもほとんど知らないでしょうが、福田地区の大浜町にも「くんち」はあります
それが大浜町「大浜稲荷神社」で毎年11月3日に行なわれる「大浜くんち」です

大浜くんち02
午前10時過ぎに訪れると鳥居の前にはお神輿を担ぐであろう子供たちが集まっていました

大浜くんち03
これが「大浜稲荷神社」の鳥居です・・・この「大浜稲荷神社」をネットで検索しても私の「正しい休日の過ごし方」での記事しかヒットしません^^;

大浜くんち03-3
これが拝殿です中では神事が行なわれていましたその手前にある「大浜公民館」では挨拶や奉納の舞踊などが行なわれるみたいです

大浜くんち01
公民館前の公園には子供たち向けにいろんな出店が用意されていますホント地元の人たちの親睦を深めるための催しになっていますね・・・この後場所を移動したのですが1時間くらいして近くの道を車で走っていると「子供神輿」が練り歩く姿を見かけました

小野原本店・・・国登録有形文化財

築町に古くからあるからすみの「小野原本店」の建物も国の有形文化財に登録されています

小野原本店01
浜町から築町商店街に入ると

小野原本店02
すぐに見える建物ですがゆっくりみたことが無い人も多いかも知れませんね・・・でもこの建物も国登録有形文化財なんです

小野原本店02-2

小野原本店02-4
こちらは「小野原本店店舗兼主屋」で例によって文化庁の文化遺産オンラインの紹介文を引用すると
角地に建ち、東側通りに正面を向ける。入母屋造妻入桟瓦葺、隅切りのある桁行4間梁間4間半の2階建で、北に突出部を設ける。2階を黒漆喰壁とし、両開鉄扉を正・側面に計10ヶ所開ける。1階に店舗、2階に座敷を設ける。重厚な意匠になる商家建築である。」
とあります

小野原本店02-3
一方こちらは「小野原本店附属屋」」で
主屋の北側に正面壁面を合わせて建つ。煉瓦造2階建で、パラペットを立ちあげ、モルタル塗仕上げとする。当初は1階が食堂、2階が納戸で、主屋突出部を介して主屋と一連で使われた。黒漆喰仕上げの主屋と対照的な外観や構造をもち、独特の街路景観を造る。」
とここも1ヶ所で二つの「国登録有形文化財」に指定されています

「郷くんち」のカテゴリを追加しました^^;

「正しい休日の過ごし方」で郷くんちのレポートを書いていましたが、同じ日にいくつも開催されることが多く個々に書いていたらなかなか新しい記事に進まないのでこれからはなるべく1回の記事の中で紹介することにして各郷くんちの詳細はこちらで書くことにしました
当然写真も多くなるし更新は今まで以上に遅くなると思いますがまぁそれほど人気があるシリーズじゃないですしね^^;
ただし地元を離れて懐かしむ人がいると嬉しく思うのでなるべく早目にアップするようには心掛けます

ちなみに郷くんちとは主に長崎市内で開催されている各神社の秋の例大祭のことで地元では「○○くんち」と呼ばれているお祭で「長崎くんち」が町くんちなのに対して「郷くんち(里くんち)」と称されています
あくまでも私の考えですが何を持って「郷くんち」というかの基準は第一に神社の主催であることであり、地元住民が参加してお神輿巡業や奉納踊りが行われるということもありますが何より重要なのは地元の人が「くんち」と呼んで開催を楽しんでいるという点にあります

だから以前はともかく現在は関係者だけによる神事のみになっているのは除外しています

次の記事で現在も行われているであろう郷くんちの一覧を書きますね
楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ