長崎ぶらぶら・・・観光客が行かない長崎

長崎市内にあるお寺や神社さらには公園と市場・・・メインは「長崎四国八十八ヶ所霊場」の紹介です

第45番・豊前坊上不動堂

長崎市本河内2丁目豊前坊神社

あまり長い間「下書き」にしたままだと内容を忘れてしまうので「正しい休日の過ごし方」の記事にちょっと手を加えてアップしときます

豊前坊上不動堂は飯盛神社の境内にあるのですが参拝するのに二つのルートがあります。
本河内二丁目あたりにある飯盛神社の一の鳥居から登るのが正規のルートなんでしょうが近くに駐車場が全くないんですよね、ですから今回は裏手に当たる田手原町から行くことにしました。

豊前坊上01
ここが飯盛神社の駐車場からの参道ですから楽に参拝することが出来ます・・・でも続けて「豊前坊下虚空堂」に参拝するのには階段をかなり下らなければいけないのですが、最初に下って帰りに上がるというのは結構きつく感じるので苦手なんです

豊前坊上01-2
駐車場から入るとすぐに飯盛神社の参道になります

福田くんち05

豊前坊上02
少し歩くと鳥居があり

豊前坊上03
あっけないほど簡単に飯盛神社の拝殿に到着しました

豊前坊上03-1
飯盛神社と書いてあったり「豊前坊神社」と書いてあったりして判りにくいですね^^;

豊前坊上03-3
由来を読むと何故豊前坊と飯盛山という二つの呼び方があるのか説明されています

豊前坊上05-2
拝殿の横に素朴な作りの鳥居があり

豊前坊上05
傍らには「荒田不動・波切不動」を祀るために建てられたお堂の碑がありますが

豊前坊上05-3

豊前坊上05-4
このお堂が長崎四国八十八ヶ所霊場の第45番札所である「豊前坊上不動堂」です

豊前坊上04-3
敷地内にはいろんな記念の碑があります

さて長崎四国八十八ヶ所霊場もこの記事で85ヶ所は記事にしましたが番外がひとつ入っているので残るのはあと4ヶ所になりました

福田天満宮で「福田くんち」

開催場所:福田天満宮・・長崎市福田本町1211あたり
開 催 日 :10月25日(固定)雨天の場合は不明

福田にある福田天満宮では祀ってある菅原道真公の命日とされる25日にちなんで毎年10月25日に福田くんちが行なわれます

福田くんち05
参道は長い階段を上がらなきゃいけませんが駐車場から行くとずっと楽に行けます

福田くんち04
午前中は神事が執り行われていました

福田くんち01
午後からお神輿巡幸が始まりますがお旅所が数ヶ所設置されているのでそこを巡ります

福田くんち01-2
神事が終わった後の拝殿の様子です

福田くんち02-2
お神輿は地元の中学生が担ぎますがこちらは女の子が担当していて

福田くんち02-3
こちらは男子生徒が担ぎます

福田くんち02-4
神主さんを先頭に福田の街中を巡幸しますが警察官も付いてかなり大掛かりな行列になっていますね

福田くんち03
ここが最初のお旅所である「大浜公民館」横の公園です

福田くんち03-2
お神輿も無事に安置された後に

福田くんち04
神事が行われます

福田くんち05-3
その後「舞姫」による舞が奉納されますが中学生とは思えないですね(^^)

福田くんち06-1
餅撒きならぬ餅配りがありましたし

福田くんち06-4
お神酒も配られます

福田くんち03-4
船もありますがこれは小物入れとして使われるだけで回ったりはしないそうです^^;

この後お神輿は福田の町内を庭先回りで回るという小さいけど歴史があり地元に密着した「くんち」です

土井首・大山祇神社「土井首くんち」

開催場所:大山祇神社・・長崎市三和町160あたり
開 催 日 :11月3日(固定)雨天の場合は不明

毎年11月3日には長崎の南部ではあちこちで「郷くんち」が行われるのですが土井首三和町(さんわまち)にある大山祇(おおやまづみ)神社でも「土井首くんち」が行われます

土井首01
国道499号線から鹿尾ダムに行く道に入ると200mくらい先にあります・・・2001年に再建されたそうで立派な建物ですが普段は人気もあまりない神社です

土井首くんち04
でも11月3日の「土井首くんち」の日には拝殿も飾り付けられ

土井首くんち04-2
中もきれいになっています

土井首くんち03
子供達も次々に参拝に訪れ

土井首くんち01
拝殿前の広場には出店もいろいろ並んでいます

土井首くんち02
普段は閉まっているのですが常設のステージがあり

土井首くんち05-2
地元の婦人会の人などによる舞踊の奉納などもあります

土井首くんち02
でもここでの一番人気は隣の「竿浦くんち」の奉納踊りである「竿浦・江川浮立」の特別参加です・・・この日は朝から竿浦・末石町にある大山祇神社での奉納が済んだ後に土井首くんちにやってくるみたいです
やはりちょっと山の中にあり人も訪れにくい「竿浦大山祇神社」よりこっちのほうが広いし観客も多いから参加しているのでしょうか

土井首くんち02-4
太鼓の演舞があり続いてひょっとこのお面を着けた子供が太鼓の上で舞いますがこれがこの浮立の特徴ですね

土井首くんち03-2

土井首くんち03-3
その後にメインの鬼の面を被った男性の舞です
ここの浮立は元々は「本浮立」として大名行列をやっていたみたいですが現在では囃し方とこの舞のみが残っているそうです

土井首くんち03
囃し方の据太鼓は女の子が担当しています(^^)

鍋冠山公園

長崎県長崎市出雲2丁目144-1付近

グラバー園から歩いても10分ちょっとで行けますが車で行く時は反対側の二本松団地入口から二本松神社の前を通って上がります・・・実は一昨年の夏に途中まで書いたのですが時間が開き過ぎたので再度行ってきました^^;

鍋冠山01
戸町バイパスから上がり二本松団地の交差点を左折して

鍋冠山01-2
二本松神社の前を通り道なりに上がっていくと


鍋冠山02
ほどなく「鍋冠山公園」の入口があります

鍋冠山02-2
この上に展望所みたいな建物がありますが

鍋冠山02-3
ここから見える景色はそうたいしたことはありません

鍋冠山02-4
公園の入口を先に進むと駐車場があるのですが

鍋冠山02-5
その先に遊歩道が続いています

鍋冠山02-6
道の先には展望台がありそこから見ると

鍋冠山03
長崎港が見渡せます(^^)

鍋冠山03-2
反対側には稲佐山があります

鍋冠山03-3
稲佐山より標高が低い分目の前に広がる景色が楽しめますね
鍋冠山03-4
女神大橋も見えます

鍋冠山03-5
本当は夜景も紹介したところですが最近は夜出歩くことが滅多にありませんから^^;

でも長崎の夜景が「長崎港を取り囲むすり鉢状の地形を有し、稲佐山・鍋冠山・風頭公園などの多方向からの俯瞰的な夜景鑑賞を可能にしている。各視点場における夜景もまた異なる表情を有し、長崎夜景の懐の深さを伝えている」といった理由で「世界新三大夜景」に選定されたそうですがその割にはここ鍋冠公園にはそのことを記した案内板がひとつもありませんね

神の島・池乃神社で「神の島くんち」

開催場所:池乃神社(池神社)・・長崎市神ノ島1丁目210あたり
開 催 日 :9月23日(固定)雨天の場合は不明

ネットで「神の島くんち」を検索しても全くヒットしないので実際に行われているのか判らなく、調べに来たのは今年の初めでしたが9月23日に間違いなく行なわれているのが確認できたので当日行ってきました

神の島くんち01
予定表に午前10時開始とあったので10時前に来たら神社近くのバス停には幟が立っていました

神の島くんち01-2
これが神の島唯一の神社である「池乃神社」ですが検索しても山口広助さんのサイトとこのブログしかヒットしないのは何故でしょうね

神の島くんち01-1
神社の前にはブルーシートが敷かれ準備万端です

神の島くんち01-3
神事が始まる前の拝殿の様子ですがお供えが多いですね

神の島くんち02-3
今年のスケジュールも貼っています

神の島くんち01-4
以前訪れた時には全く気付かなかったのですが神社の横に土俵が作られていました(゜o゜)
話を聞くと子供相撲が行なわれるそうです

神の島くんち02-2
神社前の一角に受付が設けられていましたが地元の人が三々五々集まっていました・・・子供連れの人に「久しぶりね」という声を掛けているのを何度も聞きましたから、他所に嫁いで行った女性が子供を連れて親が住んでいる神の島に「くんち」があるから帰って来たのでしょうね

神の島くんち02
受付の方に「神の島くんち」の行事表を頂いたので流れが判り助かりました(^^)

神の島くんち02-4
この小さい子供も奉納踊の剣舞に参加するみたいですね

神の島くんち03-2
午前10時に時間通り神主さんの祝詞から「くんち」がスタートですがこれが「修抜(しゅばつ)」というのだとは上の行事表で初めて知りました^^;

神の島くんち03-4
「神楽奉納」で巫女さんが踊りを舞いましたがこんな格好をするとすごく大人びて見えますね

神の島くんち03-5
「玉串奉奠」などの神事がありそれが終了すると

神の島くんち04-2

神の島くんち04-4
太鼓と巫女さんが拝殿前に下りてきて再び神楽の奉納を行ないました

神の島くんち05-2
この後奉納踊りがいろいろと始まりましたがお神輿巡幸は無いという話だったので私はここで切り上げました

神の島くんち05-3
地元以外の人は多分来賓と私だけだったでしょうね・・・地元の人だけの小さなくんちですがこの先もずっと続いて欲しいですね
楽天市場
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ